平らな面に並行な状況を「水平」と言います。
高気圧、低気圧や台風などの気象現象の大きさ(スケール)を「台風の水平スケールは1,000km」みたいな感じで使います。

横方向が「水平」だったのですが、縦方向を「鉛直(えんちょく)」といいます

暖かい空気が上に上り、冷たい空気が下降する
「対流」という現象がこのあとたくさん出てきますがこの上下の運動や現象の状況を
「鉛直」方向の運動と言います。

なぜ「垂直」と言わないか…
垂直は下の面に直角な方向のことを言います。
坂のような傾いた面の垂直方向は真上では無いのです。
昔、真上、真下を調べる時に鉛の重りを使って調べたそうです。
そこから来ています。